銀河鉄道の夜

a0224716_14205724.jpg

8/25日曜日、北加賀屋のカナリヤ条約で『銀河鉄道の夜』を公演することになりました

銀河鉄道の夜
コトバと音楽で奏でる銀河の世界へ

2013年8月25日  全二回公演
開演 13:30  (開場 13:00)
開演 16:00  (開場 15:30)

入場料 
前売 1000円 / 当日 1200円
+1ドリンク(500円)オーダー制となっております

  ☆16時の公演終了後、18時まで交流会(オープンマイク)を行います
    オープンマイクは朗読、パフォーマンス、歌、演奏なんでもok!
    お申込みは、はるのふくまで

  ☆このオープンマイクのあとバーベキューパーティーも行います
    (ただし雨天中止です)
   カナリヤ条約の飲み放題がついてナント!2000円です!
   こちらもお申し込みは、はるのふくまで♪


出演者
猫道(猫道一家)YouTube画像
ちゃこ(詩演家)
八和詩めぐむ(詩人)
はるのふく(詩人)
楠田陽子(即興ピアノ)
御薙(二胡)

市乃ゆゆ(写真映像)
企画協力 中森冴子

場所
カナリヤ条約
大阪市営地下鉄 四つ橋線「北加賀屋」駅下車 4号出口から徒歩7分
■addres
大阪市住之江区北加賀屋5丁目5番35号
地図は下記



宮沢賢治の作品 「銀河鉄道の夜」 に描かれる
有限の死
無限の宇宙
友情
愛情
ほんとうの幸せ
等の奥深いテーマを、出演者一人ひとりが独自の言葉と音楽で奏でます

白鳥座北十字星から始まる銀河の旅に、一緒に出かけませんか
南十字星に着くころ
きっと何かが見つかる


☆お申込みはgoraikokko@gmail.com はるのふくまで☆

  【出演者情報はコチラ】

画像は市乃ゆゆさんの作品


「カナリヤ条約」北加賀屋駅からの案内図
a0224716_21303911.jpg

右手にスシローが見える大通りの信号を渡って、ただただまっすぐ行くと着きます☆

右手に交番があり、北加賀屋公園が見えますがそのまままっすぐ行くと、右上に「住吉家具」の看板が出ています
その手前、右側がカナリヤ条約です
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-08-25 23:59 | つながり

8/25 「銀河鉄道の夜」公演☆ 出演者・関係者プロフィール

a0224716_22481242.jpg

猫道(猫道一家)

一人芝居・ポエトリーリーディング・日本語ラップの要素を合わせた
新しいスポークンワーズの形「猫道節(ねこみちぶし)」を追求する33歳。

2008年6月、自身のクルー「猫道一家」を率いて10年間活動した
東京小劇場シーンを引退。演劇からポエトリーの世界に転向し、マイクを握り始める。
2009年2月、SSWS(新宿スポークンワーズスラム)、チャンピオントーナメント優勝。
2009年7月、YSWS(横浜スポークンワーズスラム)、チャンピオントーナメント優勝。
スラムでの優勝と並行して、主催イベント「猫道節」を通してポエトリーアーティストを
紹介していく試みを続ける。

2010年、自身のライブ映像とイベントをまとめたドキュメンタリー「猫道節DVD」をリリース。
現在では、サンプラー・カオシレーター・カオスパッドを操りながらのソロライブを展開。
西麻布のクラブから西成の立ち吞み屋まで、あらゆるステージを渡り歩いている。






a0224716_22494590.jpg

ちゃこ

詩演家。
大阪芸大卒。芸大時代は音楽を専攻していたが、同時期に、演劇サークル「PLAYING」に立ち上げより参加する。
中学、高校、大学、社会人と役者経験は約20年ほど。
現在はPLAYINGはお休みして、ソロでポエトリーリーディングや一人芝居などのライブパフォーマンスをしている。
ポエトリーリーディング歴は約2年ほど。
緊張感を生むものから笑えるものまで作風は様々だが、常に新しいことに挑戦し、音楽やダンスや映像などとのコラボもする他、イベントのオーガナイズまでこなすお祭り好きな人間。
詩作は高校からノートに書き溜め、その数は1000作をも超える。(数えたことはない)
ブログ『名言暴言直滑降』で自由に詩を書いている他、詩集『さかなのほね』『名言暴言直滑降』がある。






a0224716_22462955.jpg

八和詩 めぐむ

詩人
三重県出身
2008年、朗読大会である詩のボクシング三重大会にて優勝
以後、詩作を始め、現在は即興詩を中心に詠む






a0224716_2364582.jpg

はるのふく

詩人
詩の朗読とピアノ・二胡等の楽器とのコラボや、身体表現とのコラボを行っている。

2011年7月に朗読イベント「雨のコドモたち」を中崎町・天然芸術研究所にて開催。
2012年3月から守口市・輪屋で主催している朗読会「コトノハの輪」は今年4月で8回目となる。
You Tube画像 (8/25公演内容はこの画像とは異なります)






a0224716_22545396.jpg

楠田陽子 (即興ピアノ)

大阪音楽大学作曲専攻卒業、同大学大学院作曲研究室修了。
第76回日本音楽コンクール作曲部門入選。
作、編曲を手がける傍ら、ピアノの演奏活動も積極的に行っている。
また、アート&パフォーマンス「空班」とタッグを組み、詩または物語の朗読やパフォーマンスに合わせて即興演奏を行うなど、音楽以外の様々なジャンルとコラボレーションしている。
作曲を鈴木英明、神谷依香、ピアノを奥居比奈子、塚本映子、知念夕紀子、中尾園子の各氏に師事。
神戸音楽家協会、まほろば・21世紀創作歌曲の会、女性作曲家連盟各会員。






a0224716_22553589.jpg

御薙 (二胡)

大阪府出身。2011年より二胡を始めて大阪及び関西で活動中。
YouTube:minagi3007






a0224716_2256626.jpg

市乃ゆゆ (写真映像)
大阪在住のArtist
ichino Yuyuサイト






a0224716_2384838.jpg

中森冴子 (企画協力)
アクセサリー作家
ひらめきアクセサリー作ってます。
ブランド名はRoyal Freedom。

Webサイト



8/25 「銀河鉄道の夜」 の詳しい公演内容は コチラ
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-08-25 20:33 | つながり

8月

ちょうど一ヶ月前に散歩道さんが載せられたブログ記事

伊丹万作氏の文章は、昔の人・かつての誰か、のことではなく
今も私たちの心の中にあるもの
人間の中にあるもの

平穏な日々は、いつか誰かが作ってくれるものでは決してない

人の尊厳を踏みにじることが出来る心はいつでも、どこにでもある
自分自身の中にも
その心、行為は騙され・騙す罪を知らぬ間に簡単に作ってしまう

自分自身がそのことを知って
自分自身が日々、どうあるのか
その個人と
権力のある場所
権力が集中する国家というものを
一人ひとりがどう見つめていくのか

それを忘れてはならないのだと思う
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-08-07 22:22 | つながり

小さな銀河

a0224716_22504335.jpg


色のない世界に
初めてひかりをぽつりとあてた
眼には見えないところで
眼には見えない
けれどもほんとうはいちばん豊かに波打っている
その髪とまなこと両足と
いちばん豊かに波打っている胸の奥に隠れた
小さな銀河

追いかけては消え
追いかけては消えるたくさんの泡
苦い泥水と
悪夢のような哀しみをくぐり抜けて
思うに任せぬ瑣末な自分に隠された
小さな銀河

ここに来たのはなぜ?
死を載せた銀河鉄道に乗ったのは
眼には見えない
眼には見えないところに
初めてひかりをぽつりとあてた
色のない世界に
ほんとうは銀河がきらめいている
ほんとうの死と隣り合わせのうつくしい銀河

ややこしい
うっとおしい
断ち切ってしまいたい
心を知って
いつか銀河の果てに行ったとき
そのすべてに意味があることを
その髪とまなこと両足と
いちばん豊かに波打っている胸の奥の最大の糧であることを

空を見上げて
何よりうつくしくきらめいているのは
ほんとうの死と隣り合わせの
この胸の
小さな銀河






*******************************************************************




お写真はゆゆさんの作品



8/25『銀河鉄道の夜』 とってもステキに仕上がってきましたよ!
この詩も詠む予定デス☆

そして!
色いろとタノシミなことも~
わくわくっ

ぜひぜひ遊びにきてくださいませ^^
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-08-05 22:53 |

雪の銀河

a0224716_22495631.jpg


雪が降ったら犬を連れて

あなたは出て行くの


大きな棺の前で何を祈る

犬はただ寄り添って足もとでうずくまる



棺を開けたらそこは銀河

降った雪がすべて積もったような


分かち合った世界と

分け隔てられた世界に

雪が降る

しんしんと



見上げればそこは銀河

降った雪がすべて積もったような



天と地が逆さまになって

いつかは棺に送り出されたとしても


犬を連れてあなたが出た時間は

今もここにある






***********************************



お写真はゆゆさんの 「花のように」


ひさしぶりにおばあちゃまの夢を見ました
おばあちゃまに銀河の詩を
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-07-19 22:58 |

銀河の雲

a0224716_2346242.jpg



空に流れる銀河の雲

重なるひとみの星の雲

誰の姿を探している

どこかに残骸が残ってはいないかと

繫がっているということと

離れ離れになるということの

境界を




繫がっていると傷つけるばかり

離れ離れになると寂しいばかり

どこかで聞いた物語りが

月のひかりに長く長く赤く

星のひかりに青く青く瞬く





誰かの姿を探していた

重なるひとみの星の間

空に流れる銀河の間

探して

探して

旅をして

どこまでも続く旅をして

よおく考えてみたら

それほどにはさびしくはない

さびしくはない

さびしくはないよ



たとえ傷つけても

傷つけられても



その残骸を繋げたら

哀しみでもなく

恨みでもなく

月のひかりに長く長く赤く

星のひかりに青く青く瞬く




いつか


空に流れる銀河の雲に


重なるひとみの星の間に









************************************************




お写真は ゆゆさんの作品
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-07-08 23:52 |

福山~尾道向島~直島へ☆

a0224716_10123172.jpg

a0224716_1014314.jpg

a0224716_1075551.jpg
a0224716_1082938.jpg
a0224716_109451.jpg

5/15福山でフクちゃんパコちゃんと再会!ドライブしておいしいランチ☆
そのあと向島へ~高見山の山頂での景色はす・ば・ら・し・スギでした
そしてやすくんちで宴会~~♪
楽しかったー!!
a0224716_109209.jpg

岡山で一泊して翌16日朝、宇野駅から直島へ☆
海が。。。ステキ。。
サイクリングしながら存分に堪能したー!
a0224716_1093926.jpg
a0224716_1094917.jpg
a0224716_1095998.jpg
a0224716_1010224.jpg

地中美術館は、それはもう最高
モネの睡蓮の部屋は私と娘の貸切状態でゼイタクこのうえなく!
こころもカラダもいのちもウチュウもすべてがひとつになりました
美術館回りには小さな蓮池とお花畑
a0224716_10103099.jpg
a0224716_10104684.jpg


観光客も少なく、天候にも恵まれてすばらしーい旅でした☆
出会えたみんなにありがとう~~☆
ほんとうに感謝です
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-05-18 10:29 | つながり

コトノハの輪一周年☆


先日第8回のコトノハの輪を開催した折に、ケーパンさんがコトノハ一周年をお祝いして!と
開場である「フリースペース・輪屋」のミニチュアを作ってくださいました☆

a0224716_1714225.jpg

a0224716_17144121.jpg

a0224716_17145617.jpg


写真が小さいのがざんねんですが
ほんとうの輪屋の入口みたいですごーい!
微妙に色が変色したところとか、丁寧に造られています

ケーパンさん
ほんとに心のこもった贈り物☆ありがとう~!
輪屋の清水ママもとっても喜んでおられました^^


詩の朗読会 「コトノハの輪」
毎回参加してくださる皆様の言葉に、響きに
はっとしたら
しーんとしたり
ほおっとしたり
温かくなったり
ひんやりしたり
ナミダが出たり
言葉っていいなぁ
言葉のちからってスゴイなぁって
感動させていただいております
ほんとうに感謝です

そして心癒される二胡の響き
時にはギター、ハーモニカ、ピアノの調べも加わってほっこりゼイタクなひと時です

これからも、無理のないペースで楽しく続けてまいります
言葉のスキな方
何か声に出して読んでみたいなあと思う方
アットホームな楽しい集いです
朗読なんてしたことない!という方も大歓迎~
ぜひ一度おこしくださいませ^^
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-05-03 17:20 | つながり

第8回コトノハの輪

a0224716_23454366.jpg



さくらのしたでやくそくをよんだよ


かなえば

いいなあ




そのかずは


ちったぶんだけ






***




チョーナンクンがシャカイジン一年生~で東京に旅立ったー☆
そしてあすはジナンクンの入学式☆
そいで、チョージョが京都から実家に戻ってきたー☆
激動・・・!


ではありますが変ることなく!
コトノハの輪を開催いたしまーす
アットホームな輪屋での詩の朗読会
こんかいは☆
春にちなんだ詩を詠みあえたらなぁと思ってオリマス

美味しいお酒やたべもの持参で♪
みなさまのお越しをお待ちいたしております

日時

4月27日(土)
19時開場
19:30スタート

*イベントチャージ* 300円
出演者(順不同)


ちゃこ
ケーパン
ナカモリサエコ
谷川さん
文田さん
はるのふく
御薙
and more



場所

コミュニティスペース「輪屋」

守口市平代町4-3
地図 地下鉄谷町線 太子橋今市駅1号出口より徒歩5~6分
京阪 土居駅より徒歩5~6分
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-04-01 23:57 | つながり

オルゴール人形と大きなくじら

オルゴール人形は
ねじを巻いて
ねじを巻いて
舞っていた
くるくる
カタカタ
やさしくぎこちない金属音で
舞っていた
待っていた



オルゴール人形は
大きなくじらの絵本が大好きです
毎日くじらの絵本を眺め
夜になると絵本と一緒に眠りました
そしてまた朝陽がきらめくと大好きな絵本の世界へ

深い深い海の中を
大きなくじらが進みます
ザブーン
ザブーン
ゆったりとどこまでも果てない海の水を
ザブーン
飲み込んでは洗い流し
飲み込んでは潮を吹き
ザブーン
ザブーン
心の隅から隅までくじらは泳いでいきます
オルゴール人形はそれだけで胸がいっぱいになりした
くじらが潮を吹いた果てない海の水は
毎日
毎日
空に昇っていきました
蒼い 空にどんどん昇って
蒼い蒼い龍のよう昇って
やがて広い大地のあちらこちらに雨を降らせます
ぽつぽつぱらぱら
ぱらぱらぱらぱら
広い大地に雨が降る
ぽつぽつぱらぱら
ぱらぱらぱらぱら
オルゴール人形もやさしい雨に打たれます
大地にしっとり沁み込んで
愛しいいのちに沁み込んで
何十年も
何十年も
乾いて枯れていた小さな種からあたらしい双葉が芽吹きました


オルゴール人形は
ねじを巻いて
ねじを巻いて
舞っていた
くるくる
カタカタ
やさしくぎこちない金属音で
舞っていた
待っていた

やがて静かにうたいだす
ぽろぽろナミダも
イヤな気持も
海はぜんぶ受けとめてくれるよ
選り好みなんかせずに
押し返さずに
ぜんぶ抱き止めてくれるよ
くじらはすべてを洗い流し て
ザブーン
ザブーン
潮を吹く
ゆったりとどこまでも果てない
海と空のあいだを
ザブーン
ザブーン

こうしてオルゴール人形は今日もくじらと海を旅して
踊り疲れて
夜になると絵本にもたれて眠るのでした

ある晩
オルゴール人形は
海の中で泣いているわがままくじらの夢を見ました



半透明の
きらめく
カナシイ
わがままくじら
「ぼくは海洋に乗ってぼくの軌道をうたう」
そんなことを言いながら
わがままくじらは海を漂う小さな箱の中でぷかりぷかり浮いていました
「ぼくは
どんなものでも飲み込めるんだ
どんなうたでもうたえるんだ」
わがままくじらはこう言って
小さな箱の中で
海の女神に出会える日を指折り数えて待っていまし た
でもどんなに待っても海の女神は現れません
「こんなに待っているのに
どうして海の女神は現れないの
どうしてぼくに会いに来ないの」
わがままくじらは箱の中で力なく潮を吹きました

オルゴール人形はそんなくじらに
ちょっと可笑しくなって
それから
ちょっと心配になって
それから
ちょっと好きになって
うたをうたいました

ほんとうの海に雨が 降っているよ
ぽつぽつぱらぱら
やさしい雨だよ
ぽつぽつぱらぱら
そこで女神がうたっている

ねえくじらさん
聴こえているかしら
ただ波に揺られているだけならうたはどこにも響かない
女神さまにも届かない
箱の中を飛び出して
ほんとうの海でやさしい雨を降らせよう

オルゴール人形の雨 のようなナミダが
ぽつぽつぱらぱら
ふしぎなナミダがぱらぱらぱらぱら

「あたたかい。。。雨だ」
いくじのないくじらは空を見上げました
でも箱の中の空はいつもと同じ灰色です
くじらは箱の中を浮いていた
箱は頼り無く漂う
オルゴール人形は
ねじを巻いて
ねじを巻いて
舞っていた
待っていた
くるくる
くるくる
カタカタ
カタカタ
遠い遠い海洋の流れに乗って
この海を渡ろう
この
どこまでも果てない海の水を
ザブーン
飲み込んでは洗い流し
飲み込んでは潮を吹き
ザブーン
ザブーン

そうすれば
女神さまに会えるのに

そうすれば
ねじを巻かなくてもいいのに
ねじを巻かなくても


わがままくじらは暗い闇の中
ぼくはどうしてこんなと ころにいるんだろう
オルゴールの音が響きます
くじらは怖くて動けない
ぎこちない金属の身体
ぎこちない金属の音
重くて
軋んで
動けない
それでも
怖いはずなのに
くじらはナニカに護られて
温かくて
やがて雨が降ってきた
オルゴール人形の雨のようなナミダ
わがままくじらはナニカをしんじてナミダを握り締めて暗い大きな海に飛び出しました
するとオルゴール人形の頬に赤みが差して
ねじを巻かなくても
腕が動きだし
足が動きだし
やがて軽やかに踊りだしました
ねえやっと
じぶんで踊ることができたよ
ほんとうのうたをうたうことができたよ
ほんとうのうたを
心の隅から隅まで巡りめぐって
果てない海の水のようにうたをうたった


目が 覚めたらきらめく朝陽の中
ひろびろとした蒼い海と空のあいだを
おおきなくじらは潮を吹きながら海洋へと渡っていきました
女神をのせて
果てない海へ

おおきなくじらが潮を吹いた果てない海の水は
毎日
毎日
空に昇っていきました
蒼い空にどんどん昇って
蒼い蒼い龍のよう昇って
広い大地のあちらこちらに雨を降らせました
やがて雨は
大地にしっとり沁み込んで
愛しいいのちに沁み込んで
何十年も
何十年も
乾いて枯れていた小さな種からあたらしい双葉が芽吹きました







**************************************




3/10河内松原ポエトハウスにて行われる「詩の交差点」で
この「オルゴール人形と大きなくじら」ともう一つ詩を詠みます

二つの詩にはすこちゃんが身体表現をつけてくださいます^^
すこちゃんの表現はほんとうに心に沁みます


以下ご案内です☆


3/10
河内松原のポエトハウスで行われる「詩の交差点」

ゲスト出演者は紡さんとはるのふく+すこちゃんです
ゲスト出演者プロフィール
紡さんは詩の朗読とピアノ演奏の予定

後半はエントリー制の朗読、演奏、パフォーマンスです
ポエトハウスは声、音が美しく響くステキな場所です

ぜひ皆さまのエントリー、ご参加をお待ちいたしております^^

2:30開場
3:00開会
入場料300円
アクセス
以下ポエトハウスのHPから

・前半は自作詩の朗読活動をしている詩人2~3名による本格的なポエトリー・リーディング
・後半は自由参加による自作詩または自分の好きな詩の朗読。ラップ、アカペラ、弾き語りなど、形にとらわれないパフォーマンスもOK。1人持ち時間5分以内で、参加者の少ない場合時間内で数回まわることがあります。参加当日受付。
・カフェでは100円ドリンク(インスタントの紙コップでの)サービス行っています。
サロン収容人数15名(先着順)入場参加費1人300円
[PR]
# by an_que_an531wan | 2013-03-01 21:15 |