<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

レ・ミゼラブル

a0224716_2213167.jpg


ヤハリ。。。泣いた!
後半からほろほろ。。
映画が終わったあと・・エンドロールが流れる中ナミダが止まらなかった
ナミダでぐちゃぐちゃぉーになったカオを見せられるヒトとでないと一緒にイケナイ映画☆
ミュージカルは好き嫌いがあると思うけど
セリフが歌であることの違和感も、後半はカンジル間がないくらい。。。
というか、それぞれの登場人物の歌声が重なる場面はもう!なんとも言えなく美しい
あれは普通のセリフでは出来ない
子役達も!ほんとうに!
その中でいちばん私の心を掴んだのはエポニーヌ
現実感
存在感
精神性
ほんとうに良かったー
森山未来君の演技もそうなんだけど、エポニーヌ役、ではなくてエポニーヌがここに、目の前にいた
とうぜん☆☆ヒュー・ジャックマン~~凄ーーーい!
ラッセル・クロウはちょと声が甘いかな―あの役は怖いくらいの声がほしかったかもデス

自分の中にある深い思いを揺さぶってくれる映画☆
オススメデス!
[PR]
by an_que_an531wan | 2012-12-27 22:15

エルグレコ展

国立国際美術館の 「 エルグレコ展 」 観に行ってきました~☆
友人のオススメもあって**ワクワク**
そ・し・て ほんとうに !
素晴らしかった~~~~ !!

圧巻は!ヤハリ☆ 『無原罪のお宿り』
生命の歓喜、力強さ、ひかり輝く今、ひかり輝く未来、ありとあらゆるエネルギーが渦巻いて螺旋を描いて放たれている
なんか今でもひかりが降ってくるみたい
ここに放たれているエネルギーは夢物語ではなく、女性の持つ美しさ、神聖さ、底力を思わせてくれます

原罪を背負うイブと無原罪のマリア
教義の難しいことはわからないけれど
女性はそのどちらをも持ち合わせているのかもしれない
「人間」の中にある 『渦巻く苦悩のゲンジツと煌めく神聖な尊厳』を、深く、思い出させてくれるエルグレコの作品
多くの作品の可愛くて優しく美しい「眼」も、とても印象的でした☆


ソレカラ* 

国立国際美術館B2の 『 宮永愛子: なかそら 』 も、とてもよかった

生活している日々、ヒト、モノ、ジカン 
いとおしい
とどまっている
消えてゆく
あらゆる「存在」を皮膚でカンジル空間

a0224716_18244971.jpg


a0224716_1825921.jpg


宮永愛子さんの作品は写真撮影可デス

どちらも12/24まで*
もしお時間のある方はぜひっ**

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-12-21 18:44 | アート

アマオト

a0224716_23235630.jpg



タノシイコトが過ぎてゆく

タノシイコトが来るために

おやすみなさい

おやすみなさい

アマオトがしずかに髪をなでてくれるよ

あたたかい夢の中どんなスガタになってるだろ

もういちど

あたたかい声を思い出す

本当はどんなスガタだったかな

おやすみなさい

おやすみなさい

タノシイコトが来るために

アマオトがしずかに髪をなでてくれるよ







************************************************************




お写真はshinobuさんの作品

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-12-15 23:28 |

冬の夜の物語

a0224716_2225882.jpg



冬の蝶は飛べないけれど
物語をつくる
カナシイやさしい物語
花たちはふるえながら待ってる
けなげに萎れずに待っている
飛べないけれど
願いを込めて
つめたいつめたい雨に打たれる夜
その物語がいのちを護ることをしんじて
やさしい愛しい物語
花たちは黒雲のもとでその色合いをかがやかせて
けなげにくびを上げて

微かな月のひかり



冬の蝶はいま

羽をひろげたかしら



花たちはいっせいにふるえながら微笑んだ







**************************************************************



お写真はJILLEさんの作品

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-12-10 22:28 |

永劫の孤独



つめたい
つめたい
つめたい髪と色を失った瞳をそっとくるんで抱擁して
あたたかい
あたたかい
あたたかい血がもう一度
もう一度流れてくるように
いいえ
変らず流れている
わたしたちは
にんげんだから




みずからを焼き尽くす炎の凶器で人を踏みにじる哀れな虫
つめたい
つめたい
つめたい闇に葬られても自らの炎に咽ぶ
地獄の責め苦の中でもその意味をわかろうとしない
哀れな
哀れな
哀れな虫
あたたかい血が流れることはもう二度とないのかしら
永劫の孤独

残酷というのはそういうことを言うのだ





わたしたちの瞳は色褪せてもまだ
互いを映すことができる
たとえ記憶を失ってもまた
互いを知ることができる

わ た し た ち は  に ん げ ん  だ か ら
そ れ は し あ わ せ  だ  ね ?




わたしたちは残酷に屈しないと決めた
傷ついた
深く傷ついた
それでも哀れな虫の残酷になど屈しない

哀れな虫は永劫にたった一人
焼き尽くす炎と冷酷な闇に苛まされる孤独
その叫び声から逃れることはできない
哀れな姿で這い回る虫


わたしたちはたった一人のように見えて
一人ではなかった
わたしたちは に ん げ ん なのだ


わたしたちの創造を誰にも止めることはできない

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-12-07 00:02 |

結晶

a0224716_22113179.jpg


そのぬくもりのこもった
柔らかく深い紫色の手袋を嵌めて
闇が重なる天の奥から降ってくる雪を捉まえる
泥の上に降ったとしても
塵の上に降ったとしても
結晶のみじんも変ることなく
清らにきらめいて
融けてさえ消えることなく
汚そうとするもの
踏みにじろうとするもの
哀れなもの
闇が重なる哀しみの奥の
何者の手も届きようもない天の高みから
降ってくる

染まることのない雪のようなこころ







**************************************************



何よりたいせつなそのタマシイに

お写真はJILLEさんの作品

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-12-05 22:21 |

ユニヴァース






ふゆのヒカリノナカで生まれた
そこだけがなんともやわらかで
ほのぼのとあたためられる
やわらかな産毛
文字が書けるようになったらきゅうにオトナぶってみせて
それでもまだ
ほんとうはまだ
いまでもね
大声で泣きながらさがしてる
ふゆの日はとても
ふゆの日はいっそう








**************************************************




12/2コトノハの輪
た の し か っ た * * *
ほんとうに
みんなの詩がまだたゆたっている
二胡のオト
ギターの音色
ハーモニカのふるえる音色


ケーパンくんがご自身の詩のテキストをみなさんに配ってくださいました
その最後のコトバがステキだったので。。。
ご紹介イタシマス


            
   

     家を出て
     家に着くまでが遠足です
     お母ちゃんのお腹を出て
     三途の川を渡るまでが社会人です

     だから
     産まれたばかりの赤ちゃんは
     大声で泣くのかも知れません





                    佐藤圭亮




***



何度読んでも味わい深い


産まれたばかりの時
泣いたのですね


タイトルの「ユニヴァース」はケーパンくんのテキストの最後の詩の題名です

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-12-04 23:08 |