<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

きらめく雨

a0224716_22184269.jpg



きらめく雨
霧のようにしずかに
花びらのように満たされて


生まれたばかりの
まだ濡れて
飛ぶ事もできない羽が横たわっていました
か弱く小さく震えて

はかない、そのいのちの中に
いつかこの空を突き抜けて、熱い雨を降らせてゆくちからを
信じているの
変ることなく

今までも
ずっとこれからも

だから、今
超えていける
しがみついていた指を一つずつ離して
本当は一番わかっているでしょう
時が来て
もう充分に
そのちからは満ちて
わざと目を背けて、無理だと呪文を唱えている駄々っ子
さあ起きて
立ち上がって
わんわん泣くのは後でもいい

愛するものを護るちからを使わなくては
素晴らしい楽園ですら哀しみの海になってしまう

自らを慈しむことができない人は愛するものも護れない


この羽は雨粒を弾いて白く美しく広がる

誰よりも負けず嫌いなんだから
少しぐらい痛くても
へっちゃらな顔をして
悠々と超えていける

私が信じているのは
哀しみの海に溺れてゆく弱い虫ではないよ

誰よりも負けず嫌いなんだから
たまらなく痛くても
へっちゃらな顔をして

かならず悠々と超えていける


そのほんとうのちからを私に見せて






****************************************




お写真はshinobuさんの「 もぐる 」
[PR]
by an_que_an531wan | 2011-07-27 20:33

雨のコドモたち

a0224716_230381.jpg



7/31真夏の日曜日
言葉と音のセッショッンイベント!
 「雨ノコドモたち」 を開催いたします☆

にゃんしー、はるのふく、やっちょんが! 
雨のコドモのピアノとtescoが奏でる音と共にセッションします
心あたたまる言葉とフシギな音楽が奏でる世界を、存分にご堪能ください~



日時  : 7月31日  12時半 開場
              13時  開演

場所  : 中崎町 天然芸術研究所
       アクセス http://tengei.atpk.jp/page_3

入場料 : 1,000円


出演者 :

【にゃんしー】 歌って踊る詩人
        ポップで愛おしい言葉と音楽が心に響きます

      ☆にゃんしーさんの作品、朗読は
       メロディのように会場内を泳ぎ回り音楽と一体化していた。
       「言葉が歌い出し、音楽が語り出す。」
       このイベント(屋根裏のポエトリーナイト)のコンセプトを自然体で実現してくれた。
       朗読の1つの理想型を目の当たりにした気がします。
                               (もっきり屋さん評)  



【はるのふく】 詩人

       ☆一気に会場の空気、変わりますからね。
       朗読がウマイのももちろんですが、 やさしいおだやかな空気感は
       「イベントに来てよかった」と思わせるのに十分なものです。
                               (にゃんしークン評)



【やっちょん】パフォーマー、天芸支配人
       
      繊細できめ細やかな素肌で素っ裸のパフォーマンスを見せてくれるやっちょん!
      今回は繊細で大胆な素っ裸のコトバで熱くあなたに迫ります



【すこちゃん】パントマイム、パフォーマー

      すこちゃんが表現する世界にはとても心がこもっていて
      見ているとキレイなナミダが流れます
      今回は、はるのふくの詩に身体表現をつけます
   



【tesco】 演奏

      ステンレスのボウルや水、笛、箱、あらゆるものを使って奏でる音は
      不思議な安らぎの空間を作り上げます



【雨のコドモ】ピアノ

      即興で繰り広げられる雨のコドモのピアノは
      時に優しく、時にやんちゃにあなたに降り注ぎます
      言葉とのセッションで生み出される音符に心がキラメキます




  うだるような暑さを吹き飛ばす、さわやか~な空間に(* ̄。 ̄*)
  ぜひお越しくださいね~
  ふくちゃん及び出演者にメッセージ、心からお待ちいたしております
[PR]
by an_que_an531wan | 2011-07-11 18:22 | つながり

天の川を渡って

夏の扉が開きました
川辺を歩くと

二人の声が聞こえたの
川面がまるで星屑のように煌めいてる


ベガとアルタイルは恋をして
星の中に溺れた
何もかも見えなくなってしまったの
天の帝の怒りに触れて
会えなくなってしまいました
かなしく甘い声
この川を越えてえてゆけばいいのに

天の川を渡って




二人の声が聞こえたの

川面がまるで星屑のように煌めいている


夏の扉が開いて
川辺の向こうに
やさしく立っていたのです



ベガとアルタイルのように恋をして
星の中で微笑みましょう
何もかも見えなくなったりはしない
天の帝にキスをして
祝福を受けよう

やさしく甘い声



今宵こうして会えた二人は

川辺の向こうから
天の川を渡って
[PR]
by an_que_an531wan | 2011-07-07 00:00 |