カテゴリ:詩( 138 )

a warm heart

a0224716_21233349.jpg



スペシャルなおめでとうを
お祭の夜に


なにもかも失ったように見えても
すべてが過去になってしまっても
きっともう
ハジマッテいる
見えなくても
わからなくても
シンジラレなくても
もうすでに



             自分のためだけ
             自分をなぐさめるためだけ

            ソ レ ダ ケ デ ハ カ ナ シ ス ギ ル





ほんとうの苦しみは得てゆくひとのもの
深い泥の底から得てゆくひとのもの
そのタマシイをまもって
お祭の夜にともしていくの
美しいお祭りの夜
その
いちばん最後の
深い闇の底で
スペシャルなおめでとうを





お祭が終わる
最後の祝福のハグをして

もう
朝だね

わからなくても
シンジラレなくても
もうすでに















***************************************************************




お写真はJILLEさんの 「 a warm heart 」

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-09-25 21:31 |

あしたのために

a0224716_229699.jpg


月が半分きらめいて
あとの半分をどうしよう
半分でもあまりに綺麗だから
ステンレスのスプーンですくって
すくって食べたらあっという間になくなって
しぜんに涙目になる
月がくすくす笑う
半分くすくす
あとの半分は
あしたのために
あさってでもしあさってでもなんなら冬を迎えるまで
そう
全部がきらめいていなくてもすでに
これほど綺麗
こうして
手にとって
確かめなくても




月は半分きらめいて
あとの半分をどうしよう



そうね
あしたのために
あさってでもしあさってでもなんなら冬を迎えるまで








**************************************************************



お写真はJILLEさんの作品
[PR]
by an_que_an531wan | 2012-09-23 22:34 |

マイムマイムマイムマイム

a0224716_2135768.jpg


マイムマイムマイムマイムを踊りながら
アイダをすり抜ける
コ ト バ ノ ア イ ダ
いつすり抜けても同じ高さなんだね
マイムマイムマイムマイム歓びの水を汲み上げて
マイムマイムマイムマイム歓びの声を上げれば
コトバはすり減らないかしら
それ以上でもそれ以下でもなく
始めからオワリまで無駄なものなどなく
等身大の
残酷
それが ど れ ほ ど


 つ

   し
    い
        か




アイダをすり抜ける

コ ト バ ノ ア イ ダ


マイムマイムマイムマイム
マイムマイムマイムマイム

歓びの水を汲み上げて



歓びの声を

ねえ

イマ






************************************************************



お写真はJILLEさんの 「 Don't think, feel 」

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-09-17 21:44 |

花が咲いたように

a0224716_2323035.jpg


赤信号花が咲いたように雨つぶを含んで
けんぱをしながら水たまりをめぐる
らんらんらららん
夜を想像するぼうや
緑のひとみ
黄色はきっとこの子の帽子
赤いお花をぱっと投げる
らんらんらららん
やさしさは
だいじだよ
お花が咲くためには

とても
とても
夜を創造してくれるから
ひとつ
ひとつ
緑のひとみに雨つぶが引っかかる
らんらんらららん
黄色い帽子ナナメにかぶって
けんぱをしながら水たまりを
めぐる
めぐる
花が咲いたように
夜は創造する
やっと
ここから








*************************************************************



お写真はJILLEさんの作品
[PR]
by an_que_an531wan | 2012-09-13 23:09 |

渓流

a0224716_2232227.jpg


見つからないとか

知らないとか

夏の日のカミナリのように急激に湧いてくるあらゆるものに

変ることなく流れている

信じている

ケンメイに生きるカラダの中の渓流をとらえて






*********************************************



お写真はshinobuさんの 「 納涼 」

スバラシ !

飛び込みタイ !!















[PR]
by an_que_an531wan | 2012-09-04 22:27 |

必然

a0224716_161974.jpg


いずれにしても透明なうつくしい調べと
無数のアサイ傷がそこここにちらばっていて
それはもう心を奪われないことなどないだろうと頷いてしまう
同時に
今ある必然を
夢はゆめのなかだけのお話ね
ゲンジツはもっとねじまがったビルが散乱して
産卵して
アサイ傷が癒えるのか腐るのか
人魚姫は海のゆらぎの岸でながめている
親指姫はチュウリップの花びらを抱えて流される
白雪姫はリンゴにやさしいキッスをした
それから
思いっきりカブリツイタ
すべてが泡になる前に
泡になる前に
泡になる前に
ねえリンゴじゃなくてボクにやさしくキスをして
無理ならシンデレラでも眠り姫でもいいからさあ
そうしたら助けてあげられるのに
助けてあげられるのに
ねじまがったビルの中で
散乱して
産卵して
産み広げられた夢が
アサイ傷になって
いつまでもうつくしい赤色のまま







***************************************************************




お写真はJILLEさんの作品
[PR]
by an_que_an531wan | 2012-09-02 16:24 |

こもりうた

a0224716_12322991.jpg


心配ばかりかけるちっちゃなおへそ
ウソツキはきらいだよ
めんめだよ!
ぎゅっと睨むとお目々を手でかくして
カクレタツモリノカタツムリ
おしりもおへそも丸見えやん
ぜーんぶ丸わかりやん
片目をすこぉし開いて様子をうかがって
それでおしまい
ぜんぜんわかってない
ちっちゃなお手々もあんよもぷくぷくほっぺも
それだけでさあもうなぁんにもナシにできる
スバラシイサイノウ!
うらやまし
だからもう心配シナイ
オオウソツキはキツネに食べられちまうんだから
大キライなんだから
ね!
めんめだよ!
ちっちゃなお手々もあんよもぷくぷくほっぺもおしりもおへそも
くちゅくちゅして
追っかけまわして
ころげまわって
ねえ
はやくおっきくなあれ
たいせつなひとをちゃあんとまもることができる
おっきなひとに
はやくねぇ
ならんとね





***********************************************************



お写真はJILLEさんの作品
[PR]
by an_que_an531wan | 2012-08-26 12:48 |

夏空

a0224716_10271981.jpg


ときどきコワクナル

キミのコトバは夏空の中

電線に引っかかってとぎれとぎれに

太陽を目指す

太陽はサルスベリのすべすべの腕に絡み付いて

頬を寄せて

強がりなキミが口をつぐむのを見ている

細やかな花がゆったりと揺れる

ときどきコワクナル

入道雲よりも遥か遠くまで

もっと上まで

サルスベリのすべすべの腕に絡み付いて

頬を寄せて

太陽まで届けば

太陽まで届けば

コワクナイかしら

コワクナイかしら

電線に引っかかってとぎれとぎれに

細やかな花がゆったりと揺れる



夏空の中








************************************************************




お写真はJILLEさんの作品「ときどき怖くなる」
[PR]
by an_que_an531wan | 2012-08-25 01:42 |

美しい水

a0224716_21234249.jpg


美しい水が流れていて
それ以外の何があるだろう
道を外れて知らない角に突き当たってさまよっても
必ずまた美しい水に出会う
それだけで許されるようなまち
いけずで
やさしく微笑むこともしない
眼を合わせることも
すべてはあるのかないのか見ることすら出来ない
実体のない
まちの掟
美しい水はそのすべてを知って流れる
なにもかも
実体のないものに心を
美しい水に心を
それ以外の何があるだろう







********************************************************



お写真はshinobuさんの 「 美しい水 #4  」

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-08-13 21:27 |

アイスクリームスプーン

a0224716_19305349.jpg


熱気を突き立てて
アイスクリーム スプーン
白いシャーベットは何も知らないフリしたまま
タマシイをサクサク
サクサク
口に運んでゆくの
ひんやりと
冷たくなってシマイタイ
願いをかけた白い月
その頬のように
夏の夜を映し出すゆるやかな曲線
タマシイがサクサク
サクサク
ほどけて溶けてゆく
ひんやりと
そうなって欲しいと願っている
何も知らないフリしたまま
口を開けて待っている
熱気を突き立てて
アイスクリーム スプーン
煌々と光る白い月

冷たくなって シ マ イ タ イ

その頬のようにタマシイはほどけてゆく
アイスクリーム スプーン
願いはきっと叶わない







*************************************************************




お写真はJILLEさんの 「 Hold me 」


昨日の詩はバニラアイスみたいだなぁ~って
シャーベット調だとコウナル!!?

ミナサマはどちらがお好き~?

[PR]
by an_que_an531wan | 2012-08-04 19:37 |