火と月





激情

理知

繊細の配合は

炎にさしだす心臓の

撃ち抜く鼓動と火と月の中




ほとんど陽も射さない白い手で強く

真っ直ぐに包み込むみずうみの水

卑しく

虚ろう言葉で心をはかるな

みずうみはゆれず

花びらがただ散る

































.

[PR]
by an_que_an531wan | 2016-09-09 23:37 |


<< ただいま  おかえり 陽と月 >>