風がはこぶものはそのためいき

吹きだまりの片隅から

軽々と肩をこえて



雨の匂い

はす池の花をけむらせるゆるやかなおもい

たとえばあの足音



こどもたちのボールは弾んでぼくを貫く

まるで森に連れられた風をはこぶ

ひかりのように



きみの背があたためる5月のひざし

ぼくがかぞえるトキの重さより

ほんの少し

ほんのりと






























.


[PR]
by an_que_an531wan | 2016-05-05 22:25 |


<< 日々 音について >>