月の遮断機



光が月のように熱を帯びてフクロウが鳴いた
ほぅぅ
ほぅぅ
目を凝らして闇を捕らえて
ほぅぅ
ほぅぅ
僕はかんじるよ
ゆびの先から入ってきてむねが苦しくなる
いきをのみ込んで蛇使い座の蛇になる
信号が送られると月は光のように熱を遠ざけた
遮断機は降りる
ほぅぅ
ほぅぅ
フクロウは泣いた
闇の中で
僕は目を凝らして見つめ続けた


















.


[PR]
by an_que_an531wan | 2014-03-27 00:10 |


<< 第10回コトノハの輪 第9回コトノハの輪 >>