星のつぶて

星のつぶては光を増して
7
 6
  5
  4
3
  2
      1

    線を放つ
子宮のような丸みから

    ゼロ

         一

   百


  萬

          億


      兆




             星のつぶては光を増して

                                   手を伸ばす

               そちらにも

                    あちらにも


            満ちて


                         微笑み


         お母様の




   0
        3
  6
          10


                     円を描く


                               あちらにも


                  こちらにも






                          満ちて












**********************************************************




七月に星を題材にした詩を詠むの
    デ!
書いてミマシタ

けっこう気に入ってる!!
[PR]
by an_que_an531wan | 2012-06-09 00:52 |


<< マーマレード 初夏の夜 >>