まだ続く夜


湛えられたカナシミの底を突き抜けた人にだけ
顕すことのできる言葉を  
まだ続く夜に



さまよっているでしょう
あなただけではない
あたしだけではない
それぞれに
それぞれの空間の中で
ただカナシミの歌が流れているだけなら
そこに座り込んでいたいだけなら
それで終わるだけのものなら
コトバを紡ぐことはないでしょう
見たこともない横顔も
すれ違って、もう二度と会うことのない一瞬も
いつか突き抜けて繫がって
湛えられたタマシイがかけがえないものであれば
ましてやまれに見る強い響き持つものであれば


まだ続く夜は


きらめいているよ
[PR]
by an_que_an531wan | 2011-08-21 18:32 |


<< ママのいのち 月夜 >>